神社の願い事の仕方は?見返りを望んじゃダメなの?!

こんにちは。
神社に行く度に、友達に参拝方法を聞いておきながら、
次来た時には、すっかり忘れている由宇です。

「拝やら拍やら1とか2とか、順番ごちゃまぜになるで!!」
と、私と同じく混乱してるあなたに、
マナーについて調べたことを伝授しようと思います。

鳥居に入る時

参道の中央は、「神様が通る道」とされているので、
左右どちらかの柱側に立ち、一礼してから鳥居をくぐります。
帽子を被っている場合は、取ってからくぐりましょう。

参道を歩く時

参道の真ん中は、「神様が通る道」とされているので、避けて歩きます。

手水(ちょうず)について

一般的に、鳥居をくぐって少し歩くと、
手水舎(てみずや)という、水で体を清めるところがあります。

ここでは、口や手を清めます。

1.まず、柄杓(ひしゃく)で水をすくって、左手を洗います。
2.次に柄杓を持ち替え、右手を洗います。

3.また柄杓を持ち替え、左の手の平に水をためて、
その水で口をすすぎます。
すすぎ終わったら、使った左手を軽く洗います。

4.最後に、柄杓に水をため、縦に持ち替え、
その時、流れる水で柄杓の柄を洗います。

※この時に、柄杓に口を直接つけてすすいだり、
最後に柄を洗わないというのは、マナー違反のようです。

参拝の方法

鳥居をくぐる時や、参道を歩く時は、正面を避けますが、
神前に立つ時は、正面に立っても良いそうです。
(神様と向き合う時なので、OK)

1.まず、軽く一礼します。
2.鈴があれば、鳴らします(神様に来た事を告げる合図)

3.次にお賽銭を入れます。
投げつけたりせずに、静かに入れると良いでしょう。

4.二礼二拍手一礼します。

「二回お辞儀→二回拍手→拝む→一回お辞儀」の順です。

※丁寧な作法だと、
最初と最後に、「軽いお辞儀」を一回ずつ加えるそうです。

願をかける時

「◯◯が叶いますように・・」と、見返りを望む方が多いですが、
お参りの時には、自身の無事を神様に感謝して、
「守ってくださってありがとうございます」という気持ちで。

願いがある場合は、
「◯◯を叶えたいと思いますので、自分でも精一杯努力いたします。
そんな私をお守りください」と、
自分で実践するという心構えで拝むと良いみたいです。

一種の決意表明のような感じでしょうか。
確かに、自分が神様だったら、
そんな人こそ守ってあげようという気持ちになりますよね。笑

マナーを忘れたときは・・

マナーがたくさんあって、神社に行ったときには忘れている。
ということを、私もやらかします。

ただ、この神社のマナーというのは、明治時代以降から広まったもので、
それまでは手を合わせるだけでよかったとのことです。

なので、かならずしも、この通りにしないといけない!
と厳格に考える必要はないそうです。

それよりも大事なのは、
神様に感謝する気持ちとあなたの心構えです。

ちょっとマナーを忘れても、慌てずに、
「心を込めて神様にお参りする」
その姿勢が、一番大事なのだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする