就労をサポートする障害福祉施設とは?!どんな種類があるの?

こんにちは。
障がい者の就労をサポートする施設に勤めていたことがある由宇です。

障がい者の就労をサポートする施設というのは、

知的障がい、身体障がい、精神障がいなど
なんらかの障がいを持つ方に
働く場を提供する施設のことです。

少し難しい言葉でいうと、
「障害者総合支援法における、就労系障害福祉サービス」
のことを指します。

現時点では一般就労が難しいかたも、

外に出て何らかの作業をする事で
生活リズムが整ってくるかたや、

人間関係が改善したり、社会性が増すことによって
一般就労にステップアップされる方もいらっしゃいます。

そんな
就労系の障がい福祉サービスの種類
についてお伝えしていこうと思います。

就労系障がい福祉サービスの種類

障がい者の就労支援をしている施設が行う事業
(就労系障害福祉サービス)は、

おおまかに言うと、

1.現時点では企業で働くのが難しい方に対して、働く場を提供する
「就労継続支援事業」と、

2.企業で働くことを目指して、そのための知識や能力を身につけることができる
「就労移行支援事業」に分かれるのですが、

1.の「就労支援継続支援事業」は、
働く際の自由度や給料によって、さらに

「就労継続支援A型事業」と「就労支援継続支援B型事業」に分かれます。

就労系障がい福祉サービス、3つのタイプ

よって、就労系の障害福祉サービスは、以下の3つに分類されます。

1-A.就労継続支援A型事業
1-B.就労継続支援B型事業
2. 就労移行支援事業

現時点での、働く本人の体調や状態、
また将来的に、一般就労を目指すのか?によって、
受けるサービスが違ってきます。

障がい者の就労をサポートする施設には、
この中で1つの事業だけをやってる所もあれば、
3つ全てやってる所もあります。

例えば、就労支援だけを行っているところや、
A型だけを行っているところもありますし、

1つの施設で、この3つの支援事業を全て行う場合もあります。
(私が勤めてした施設も、このパターンでした。
1つの施設内で、それぞれの人が、移行支援、A型、B型に分かれる形です)

まだまだ詳しくお伝えしたいのですが、思いの外文章が長くなったので、
続きは次のページに書こうと思います。

次回は、就労継続支援A型・B型・就労移行支援それぞれの特徴を
細かくお伝えしていきます。

次ページ「就労継続支援A型、B型の違いは?!どんなふうに働くの?」へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする