熊本あんずの丘に駐車場はある?家族連れにおすすめの体験はコレ!

こんにちは。
先日、友人と、車であんずの丘に出かけた、由宇です。

友達が、何やら、あんずの丘のケーキが食べたいと言うので、私も「何か食えるなら」とお供しました。

また、駐車場が分からないということで、
(あんずの丘を知らなかった)車を持ってる別の友人も、ちょっと強引に連れてこられました。笑

そこで、車を持っているその友人は、
(頼られると、がぜんやる気を出すタイプなので、)あらかじめ駐車場を調べてきてくれました。

優しい・・笑

そんな友人と同じく、事前に駐車場を知りたい
(優しい?)あなたのために、

今回、わたくしめが、あんずの丘の駐車場について調べ、記事にしました。

また、優しい(←?)家族連れのかたに
おすすめの、陶芸体験についても書いています。

あんずの丘に行きたいと思ってるあなたの参考になれば幸いです。

あんずの丘の駐車場はどこ?料金はかかるの?

「あんずの丘に一番近い駐車場はどこ?」と思われるかもしれませんね。

駐車場の中に、物産館「あぷりぃ」があるので、
そこを目印にして行くと分かりやすいと思います。

で、「料金はかかるの?」というのが気になると思うのですが、

料金は無料です。

収容できる車の台数は200台程度で、

私が行った平日の昼間は、けっこう空いてました。

イベントの時はもっと多いのかもしれませんが、
広い駐車場で、車が停めやすいというのは安心ですね。

家族連れ、カップルのかたにもおすすめの~陶芸体験~

私が今度、あんずの丘に行くときにしたいことは、陶芸体験です。

前、行った時は、知らなかったんですが、

あんずの丘の中にある、伝承工芸館で、
1日陶芸体験をすることが出来るそうです。

「子どもに、物づくりの体験をさせたい」とか、
「彼女と何か記念になるものを作りたい」という時には、
ピッタリじゃないかな?と思います。

伝承工芸館の場所はこちら↓

開館時間は午前9時~午後5時(受付午後4時まで)で、

定休日はなく、年末年始以外は、いつでも開いているようです。

どんな体験があるのか?というと、

「絵付けコース」、「手びねりコース」、「電動ろくろコース」の3つのコースがあり、

絵付けコース(1000円/約30分)は、
もともと用意されている素焼きのマグカップや茶碗などに、クレヨンで色を付けます。

手びねりコース(1800円/約90分)は、
手回しろくろを使って、土からマグカップや茶碗を作るとのこと。

電動ろくろコース(2500円/約90分)は、
中学生以上のかたが対象で、3~4個の作品を作って、その中から1つを選べるそうです。

私、じつは昔、別のところで陶芸体験をやったことがあるのですが、
おそらく、手びねりよりも、電動ろくろのほうが難しいと思います。

ただ、あんずの丘伝承工芸館では、
スタッフの方が一緒に手伝ってくださるので、
電動ろくろが初めてでも、なかなかのものができるとのこと。

「初心者だけど、電動ろくろやってみたい」というあなたも、安心して体験することができますね。

お子さんが作業に飽きてきて、その後、お父さんやお母さんが、夢中で楽しそうに作る。
なんてこともあるみたいですよ(^_^)

団体予約が入ってることもあるので、
事前に、下記に電話で確認してから行ったほうが、確実だそうです。

あんずの丘伝承工芸館(あんず窯)
電話番号:0968(48)3050 

あんずの丘伝承工芸館のホームページはこちらです。

あんずの丘には無料駐車場がある!陶芸体験もおすすめ。

あんずの丘に車で行く場合は、
無料駐車場があるので安心ですね。

バスなど、公共の交通機関では、
少し行きづらい場所のようです。

(そこらへんについて、時間がある時に詳しく調べてみます。)

車がないかたは、
車を持ってて、こちらに興味がある友達がいたら
一緒に乗せていってもらうのもありかもしれませんね。

あんずの丘は、家族連れのかたにも人気ですが、
もちろん1人でも、楽しいと思います。

友達が、1人で行ったらしいですが、
「自然が多くて癒された」と言ってましたよ。

(市内から、原付バイクで行ったので、さすがに遠かったらしいですが、行ってよかったとのことです。)

自分も、今度行った時には、記念にぜひ陶芸体験したいです。

あと、押し花体験もできるそうなので、それも興味があります。

(花が好きなかたに、おすすめですよ)

押し花体験の詳細は、また今度書きますね。

PS.冒頭のエピソードで書いた、半ば強引につれてこられた友人も、
あんずの丘にハマったのか、
帰りの車内で「また、来てぇなぁ~」と呟いていましたよ。笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする