ホーキング博士が死去した日とアインシュタインの関係は!?

車イスの理論物理学者として
世界中で有名だった
スティーヴン・ホーキング博士が、

2018年3月14日に、
この世を去りました。

色々な功績を残された方だったので、
この日は、色々なところで
このニュースが取り上げられていましたね。

私は、恥ずかしながら、
ホーキング博士という名前は聞いたことがあったものの、

知らないことがあまりに多かったので、

博士について、調べてみました。

すると、

ホーキング博士が亡くなった日と、

20世紀最大の物理学者
アインシュタイン
に、関係性があることがわかったんです。

今回は、その、
偶然とは思えない、

ホーキング博士とアインシュタインの
”日にち”にまつわる関係性

についてお伝えしたいと思います。

ホーキング博士が死去した日とアインシュタインの関係は!?

なんと、

ホーキング博士が亡くなった日である3月14日は、

アインシュタインの誕生日でもあるんです。

さらに、

3月14日を
そのまま数字にすると
3.14(円周率)になりますね。

そう、この日は円周率の日でもあります。

そして、

ホーキング博士も、アインシュタインも、
同じ年齢(76歳)で、
この世を去っているんです!

なんだか、偶然とは思えなくないですか?

2人を、何となく
重ねて見てしまうのは、私だけでしょうか?

ホーキング博士って、どんな方だったの?

ホーキング博士
世界的に有名になる
きっかけになったのは、

1963年に発表した、
「ブラックホールの特異点定理」です。

これは、アインシュタインの「相対性理論」
を引き継いで研究し、
発見されたものだそうです。

研究においても、関係性があったんですね。

ホーキング博士は、
波乱万丈の人生を送ってこられました。

20代の時に、
ALS(筋萎縮性側索硬化症)にかかり、
余命2年と言われたそうです。

当時は、不安だらけだったそうですが、

その時に支えてくれた、元妻のおかげで
希望が湧いて、

それから、たくさんの研究をして、
世界的に有名な物理学者になっていきました。

この博士の半生は
「博士と彼女のセオリー」
というタイトルで、映画化もされていますよ。

ホーキング博士の誕生日は、ガリレオ・ガリレイと関係がある!?

ホーキング博士の死去した日と、
アインシュタインの誕生日が同じで、
しかもそれが円周率の日だった

というのは、驚きでしたね。

でも、もう1つ、
調べていてびっくりしたことがあるんです。

なんと、
ホーキング博士の誕生日
1月8日は、

あの地動説を唱えた、
ガリレオ・ガリレイが、
亡くなった日なんです。

ガリレオ・ガリレイが亡くなってから、
300年後に、ホーキング博士が生まれた
とのこと。

ホーキング博士の亡くなった日
アインシュタインの誕生日で、
ホーキング博士の誕生日は、
ガリレオ・ガリレイの亡くなった日

ということですね。

なんだか・・
もはや、偶然とは思えないですよね。

(私も、ちょっと、
自分の誕生日調べてみようかな・・)

ホーキング博士の人生について思ったこと

この日にちの関係を調べていて、

最初は、

ホーキング博士は、
物理学で色々な事を解明する
運命だったのかもしれない。

と思ったのですが、

調べていくうちに、

難病を宣告された後、
そこから立ち上がって、
ずっと研究を続けられたという、

人間力の強さ、深さのようなものが、

世界的な物理学者になる道をひらく
1つのきっかけだったのかもしれない
と思いました。

ホーキング博士は、
その波乱万丈な人生の中で、

数々の名言を残していらっしゃいますので、
もし気になったら、調べてみてくださいね。

きっと、あなたの心に深く残る、
名言があると思いますよ^_^

(謹んで、ホーキング博士のご冥福をお祈り申し上げます。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする